オルガスムスとは?

オルガスムスとは?

 

女性

オルガスムスとはセックスの際に絶頂に達したときの快感のことを言います。

 

女性だけでなく男性にもオルガスムスはあります。その快感の度合いは一般的には男性よりも女性の方が大きいと言われていますが、比べようがないのでいまだに証明はされていません。

 

そんなみんなが詳しく知らないオルガスムスについて解説していきたいと思います。

 

 

「オルガスムスは同時に」が理想?

 

男女

男女が同時にオルガスムスに達したとしたら、それは互いの気持ちが一体になっている証拠であり、互いに相性がいい証だ。

 

同時オルガスムスこそはパーフェクトなオルガスムスであり、男女が本当に性的にもピッタリマッチしている証拠である。

 

こうした情報が雑誌などには載っていますが、これは全くの間違った情報なのです。

 

実際には、男女が同時に達するのは例外的で、普通はそうならないものです。

 

それは、興奮のカーブと反応の仕方が男女で異なっているからです。これについてはオランダの産婦人科医の著書「完全なる結婚」の中で詳しく述べられています。

 

 

男性の興奮は女性よりもはるかに速いので、あまり早くオルガスムスに達しないように意識的に努力しなければならないことが多く、したがって女性がオルガスムスに達するのと待たなくてはいけません。

 

しかし逆の場合も実はあるのです。つまり、女性が先に達してします例ですが、これは異常でも病気でもありません。

 

 

男女のどちらが早くても完全にノーマルで自然なことですから、いろいろ悩んだりする必要はありません。逆に男女とも意識的にオルガスムスを一致させようとすることの方が非常に危険で、体を密着させている刺激から生じる快感を軽視してしまうことになり、長期的に把握影響が出ることもあります。

 

ひどい場合には、意識的に同時にオルガスムスに達することにしか興奮を得られなくなり、自然な同時オルガスムスがほとんど不可能になってしまいます。

 

 

Gスポットとは何なのか

 

女性

Gスポットを刺激されてオルガスムスに達する女性はたくさんいますが、実はこの部分を刺激しても、別に激しく反応することもなく、それだけでオルガスムスに達する女性が大勢いることも事実です。

 

Gスポットというのは、解剖学的には本来何なのか、それについても意見が一致していません。ペニスの海綿体に相当する部分とみなしている研究者もいます。1980年初めにGスポットが一躍有名になりました。この部分はまだ全面的には解明されていないとされています。

 

さらにGスポットの存在自体を疑っている学者もいるのです。たとえば心理学博士は最近、有名なアメリカ産婦人科ジャーナル誌でGスポットのことを作り話と呼びました。彼の考えはこうです。

 

「これまでGスポットについて心理学、生化学、あるいは解剖学の視点から発表されてきた主張はあまりに根拠薄弱で、膣内にそうした性感帯が存在するとはとても信じることができない。大半の研究においては、対象になった女性の人数が少なすぎるし、説明もあまりに個人的な例に限定されている。このテーマについては本当に大規模な解剖科学的、生化学的な研究が実施されていないので、明確な結論を至るステージまで議論が進んでいない。」

 

 

もっとも、Gスポットについてあれこれ議論するのは、それほど重要なことではありません。もし女性が膣壁の一定の部位を触られたら強烈に感じるとすれば、「この感覚はGスポットのせいなのか、それとも何かほかの性なのか?」などと余計なことは考えずに、ただ感じていればいいのです。

 

お役立ちサイト

 

女性用バヤイグラなども個人輸入できます。

性感帯は広がっていく

 

大人の恋愛はどれだけ楽しめたか。どれだけ感じられたか。知り合った男性と始めてキスをしたとき、女性はキスでも精神的な満足感を覚えますが、男性は不満が残るのです。それどころか、かえってキスをしない方が男性はおとなしいものなのです。

 

いわばキスは性欲に火を付けるようなものなので、いったん火がついた男性の性欲は射精が完了するまでは持続しています。

 

若い男性だとキスした後、途中で下腹部が痛みだし、しゃがむか、どこかに座らないといられないほどです。

 

こうなってしまうと、精液が精嚢にあふれんばかりに貯まっていますので、ペニスが硬直してしまい、いったん出さないことには、痛みはなくなりません。

 

女性もキスの後で男性が急に積極的になったと感じたことはありませんか?

 

ここからもわかるように、男性の究極の性感帯はペニス1か所です。どこを愛撫するよりもペニスをしごいてやること、つまり手コキが最大のサービスなのです。

 

暗いところに二人で入って、たった待海女しごいてもらって射精までさせてくれる女性に、男性はとても感激するのです。

 

女性の中にはソフトペッティングまでして、そのまま帰ってしまう人がいますが、その女性は男性の体の感じる仕組みを全く無視しています。そうなってくるとその女性と男性の恋愛はうまくいかなくなるでしょう。

 

しかし、究極の性感帯はペニス1か所であるにもかかわらず、いざベッドインして、二人がベッドの上で戯れだしてしまうと、性感帯は広がっていくのです。

 

例えば男性も女性も同じように首筋やわきの下、乳首やおへそ、アナルが強い精管地となります。とはいえ、女性と異なる点は男性の方がくすぐったがるということです。そこであまりくすぐったがる男性を無理にし続けると、ペニスが萎えてしまうことがあります。

 

 

こんな時は、バターやケーキの生クリームなどを小道具として使うのがいいでしょう。お互いに生クリームを下に着けてなめあうとくすぐったさが緩和されて、程よい具合にセックスを楽しむことができます。