オルガスムスと妊娠の関連

オルガスムスと妊娠の関連

 

男女

オルガスムスが性体験のクライマックスであることに、疑問の余地はない。男性のオルガスムスは、生殖に不可欠な射精を促すが、それに対して女性は、オルガスムスに達しなくても妊娠する可能性がある。

 

とはいえ、オルガスムスは妊娠にどうしても必要なのです。なぜなら、「オルガスムスの快感があるから、セックスしたいと欲望が生まれる。もしもセックスが苦痛を伴うものなら、人類は絶滅している

 

これは極論ではなく、哲学者も言っていることです。セックスするときに全く快楽がなく、痛みしか伴わなければ、まず日本でも多いできちゃった結婚はなくなります。もしも結婚しても、お互いに痛みがあるので子作りのために、お互いの意志を合わせるのにとてもストレスを感じるはずです。そうなると、今まで以上の少子化、そのままいけば人類は滅亡します。

 

妊娠にオルガスムスが必要なことは、オルガスムスの時には女性器の筋肉に変化が生じ、子宮が言わば立ち上がってきて、子宮頚部の後部から離れるという事象があります。
よって精子を受け売れやすい隙間が生じ、はるかに受精しやすくなるのです。

 

もちろん女性はオルガスムスの時でなく手も妊娠することは可能です。オルガスムスのと生きは格段に妊娠しやすくなるということなのです。