オルガスムスとは?

下付きの女性が気持ちいい体位

下付きの女性オルガスムス

下付きの女性は、上付きの女性より遊びタイプで、セックス好きでもある。そのため、彼女がよがる体位は濃厚で激しいものが多い。このことを男性にさりげなく知らせないと、生の不一致で女性が悩むことになることが多い。

 

このタイプの女性は上付きの反対で、後ろからの体位が快感を産みます。まず女性が両手を床につく形で四つん這いになり、おしりを高くつきあげます。さらに手のひらを床につくのではなく、肘を床に付けることでさらにお尻が上に上がり快感を味わうことができます。

 

この時、女性器は丸見えになるため、ペニスの挿入と、恥ずかしさの連動でより強い快感となります。

 

ことの木は顔が互いに見えないので、なるべくエッチな表現を言うといいです。男性にあなたの女性器を表現してもらうと、一相女性は興奮することでしょう。

 

女性騎乗位の時は、男性がペニスを挿入するのではなく、女性か男性の勃起したペンスを握って、おしりの後ろ側から腰を下ろす感じで、挿入するといいです。男性はその積極性に驚き、喜ぶことでしょう。

 

下付きの女性の中には、正常位の時腰の下に枕を入れた方がしやすい人もいます。その足を女性の顔に近づけるように二つ折りにする、強屈脚位と、ペニスを抜いた後のクンニリングスが、大きな快感を呼びます。

 

「やめて」と「もっと」が交互に女性の口から飛び出すでしょう。この時にペニスを挿入してもらえばもう最高の快楽を味わうことができます。